筋肉の働きを抑制するボトックス注射と美容

わきが・多汗症の治療

「鉛筆の削りカスのような」「古くなった本のような」、あるいは「腐った玉ねぎのような」。
様々な表現がされている、わきがの臭い。いずれにおいても、非常に独特で、不快感の強い悪臭であるということに違いはありません。
わきがとは、特殊な汗腺である「アポクリン腺」からでる汗が細菌によって分解されて発生する臭いのことです。通常の汗腺からでる汗は無色透明ですが、アポクリン腺からでる汗は白く、見た目でも違いがわかります。
どちらの汗も、それ単体は無臭ですが、細菌によって分解されたときに発生する臭いに違いがあります。通常の汗は、いわゆる「酸っぱい」臭いとなり、アポクリン腺からでる汗は様々に表現されるわきが独特の臭いとなるのです。

わきがは、自分自身ではなかなか気がつくことができず、周囲から指摘されて始めて気づくという人も多い症状です。自分の臭いには慣れてしまっているため、自分がわきがであっても臭いに気づきにくいのです。しかし、他人がわきがである場合には、その臭いにはすぐに気がつくといいます。
指摘されて始めて周囲に迷惑をかけていることに気づくため、コンプレックスになってしまう人も多い症状です。本当は臭っていないのに、わきがの臭いをさせているのではないかと自己臭妄想に陥ってしまう人もいるのです。

このように、臭いによって本人以外の人に影響を与える他、自己臭妄想などで本人にも悪影響を与えてしまうわきがの治療を望む人は多く、一般的にはわきが手術が行われています。
わきが手術では、アポクリン腺を切除するためにわき周辺の皮膚を切開する必要があり、傷跡が残ってしまいます。アポクリン腺は再生しないため、綺麗に切除することができればわきがが再発することはありませんが、切除が不十分である場合には施術の効果が見られない場合もあるなど、問題点も多いのです。

ボトックスの注射によって、わきがの治療が可能です。
ボトックスを注射することで、注射した部位の周辺からはほとんど汗が出なくなります。通常の汗腺だけでなく、アポクリン腺の働きも抑制されるため、わきがの臭いもしなくなるという仕組みになっています。
また、このことから多汗症の治療にも効果があります。
ボトックスを注射するだけで、わきがや多汗症を治療することができるため、こういった問題を抱えている人には最適の施術であるといえます。