筋肉の働きを抑制するボトックス注射と美容

ボトックスの注意点

ボトックスには、筋肉の働きを抑制するという筋弛緩効果があります。
これは、使い方を誤れば非常に危険なものです。身体に与える影響も、まったくないというわけではありません。

例えば、ボトックスの注射後しばらくは、倦怠感を覚えることが多くなります。
これは、筋肉の働きが抑制されているためです。身体を動かすための筋肉が弱っているため、身体が重く、動かしにくく感じるのです。
しばらく経過すればこの感覚はなくなりますが、注射後すぐに激しい運動をする、というようなことは控えたほうが良いでしょう。

また、ボトックスの注射後は、女性であれば2ヶ月、男性であれば3ヶ月ほど、性行為の際には避妊することが必要といわれています。
当然、妊娠中の女性の方がボトックス注射を受けることはできません。

ボトックス注射の効果は、永続するものではありません。効果が切れてしまえば、新たにボトックス注射を受けるまで効果はなくなります。
そのため、ボトックス注射を受ける際には、一度きりで考えるのではなく継続的に考えなければなりません。あるいは、ボトックス注射の効果が継続している間だけのものと割り切って利用することが必要になるでしょう。
継続して利用する場合、ランニングコストがかかります。一度きりの費用で考えるのではなく、複数回にわたって利用することを念頭において、利用する美容外科を選ぶことをオススメします。

こういった様々な注意点を把握することは重要です。美容外科で、必ず説明を受けるようにしましょう。
美容外科で注意点の説明がまったくなければ、利用は考え直したほうが良いかもしれません。ボトックスにはメリットではなくデメリットもあるということをきちんと説明してくれる医師でなければ、信頼して施術を任せることはできません。
しっかりとメリットとデメリットをあわせた説明があって、始めて納得してボトックス注射を受けることができるはずです。信頼できないと判断した場合には、すぐに別の美容外科に切り替えるようにしましょう。