筋肉の働きを抑制するボトックス注射と美容

表情じわの抑制と解消

ボトックスを用いたプチ整形として、もっとも一般的となっているのが「表情じわの抑制と解消」です。
そもそも表情じわとは何なのかと言えば、表情筋を動かすことによって皮膚に刻まれてしまうしわのことです。
例えば笑ったときには、口角が持ち上がり、頬と隣接するラインに「笑いじわ」ができます。笑いじわはもっとも一般的な表情じわです。
また、怒ったときには眉間にしわが寄るものです。この眉間のしわもまた、非常にポピュラーな表情じわの一種といえるでしょう。

こういった表情じわは、いずれも若く肌に弾力のあるうちは、表情を消すことで元に戻すことができます。
笑いを納めれば笑いじわはなくなり、怒りを沈めれば眉間のしわも元に戻るでしょう。すぐに元に戻るようであれば、深刻な心配をする必要はないのです。
しかし、年齢と共に表情じわは刻まれたまま元に戻らなくなります。笑いを収めても笑いじわが取れなくなってしまえば、それがすなわち「表情じわ」ということになるのです。

表情を作るために動く筋肉のことを、表情筋といいます。ボトックスは、この表情筋の働きを抑制することで、表情じわができることを抑制してくれます。
もちろん、ボトックスを注射して表情筋の働きを抑制しても、表情自体がまったく消えるわけではありません。しわができるほど激しい表情筋の動きを抑制する効果があるだけで、無表情で固定されるというわけではないのです。
また、ボトックスでは筋肉の働きを抑制して表情じわができることを抑制したり、比較的軽度の表情じわを解消することはできても、加齢によって自然にできる深いしわを解消することはできません。
あくまでボトックスは、表情じわを抑制したり解消したりするために用いられるものであるということは、理解しておく必要があります。
表情を大きく動かす癖があって、表情じわができることが心配な人であれば、ボトックスの効果は有効に働くことでしょう。